学生のためのクレジットカード

学生は安定した身分であると認められているため、クレジットカードも比較的作りやすくなっています。 大学に通っている人などがカードを作るために必要なものは身分を証明する学生証、本人であることを確認するための健康保険証やパスポート、印鑑、銀行口座の番号です。 審査は社会人がカードを作る時よりも甘くなっていますので、カードを作るなら大学などに通っているうちにしておくという手段もあります。 大学などに通っている人向けのカードには、一般のカードよりもお得なサービスがあることも多いです。 それらにはショッピングなどした時のポイントの還元率が普通のカードより高めに設定されていたり、カードについている海外旅行や国内旅行の保険の保障が充実している、といったことなどが挙げられます。 ポイント還元率が高めに設定されているため、携帯電話やスマートフォンなどの通話料金や光熱費などをすべてカード払いにすれば相当な金額のキャッシュバックが得られます。 一度カードを作っておけば学校を卒業して社会人になってからもずっとカードを使い続けることが可能です。 この場合は学校卒業後は一般カードに自動的に切り替わります。 この際そのまま使い続けてもいいですし、不満があれば解約して別の会社のものに切り替えても良いでしょう。 学生が簡単にカードを持つ方法には家族カードを作るというものがあります。 このカードは父親または母親がすでにカードを作っていれば比較的簡単な審査で持つことができます。

学生ローンとは学生が借りられるローンであって、その用途は学費以外でも良い

学生ローンとは名前の通り、学生が融資を受けることができるお金のことです。 学生がアルバイトだけでは生活費が足りない時、親に知られないで借りたい時、その他お金に困った時に利用できます。 個人の借り入れ内容が外部に漏れることのないよう、秘密は厳守されます。 借り入れる時には、学生である証明として学生証が必要です。 担保や保証人は要らないので、親に相談したりすることなく、誰にも知られずに融資を受けることが可能となります。 他にも身分を証明できる免許証や保険証を同時に提示すると、融資に通りやすくなります。 学生ローンとして借り入れたお金の使い道は問われないので、学費以外に使うこともできます。 1店舗だけではなく他店ですでに借り入れをしている場合でも、現在の借り入れ状況や、返済経過に遅延等の問題がなければ融資が通る可能性があります。 早ければ新規申し込みをしてから、30分程度で手続きが完了します。 何度か借り入れをしていて、会員になっている場合では手続きの時間が短縮するので、10分程度の短時間で借りることができる場合もあります。 学校を卒業して学生の肩書きがとれた後も、増額や完済後の再借り入れができます。 この場合、業者によっては学生の時の利率を継続して利用できるようにしている所もあります。 学生ローンを利用する時は無理のない範囲で、返済プランを計画的に立て、毎月の支払金額と支払い回数を理解した上で計画的に利用することが肝心です。

学生でも利用できる銀行 カードローンを更に詳しく